緒方弘(鰻の神様)のwiki経歴!こだわりの焼き方や田舎庵の店舗場所【情熱大陸】

引用:https://www.mbs.jp/jounetsu/

 

こんにちはmasatoです。

7月25日(日)夜11時から放送の「情熱大陸」に鰻職人の緒方弘(おがた・ひろし)さんが出演されます。

緒方弘さんといえば、”伝説の鰻職人”とも呼ばれ緒方さんが焼く鰻は絶品で、多くの人が緒方さんのうなぎを食べに訪れるそうです。

今回は緒方弘(鰻の神様)のwiki経歴!こだわりの焼き方や田舎庵の店舗場所と題しまして、記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

緒方弘のプロフィール【経歴】

引用:https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/793223/

名前緒方弘(おがた・ひろし)
生年月日1947年
年齢74歳
出身福岡県
職業田舎庵3代目店主

1947年、福岡県生まれ。鰻専門店の料理人であり店主である主の元に生まれ、物心がついた時には店を継ぐものだと理解していた。2016年で操業90年を迎える老舗で、3代目として腕を振るう。先代、先々代より続く、素材の質や焼きへのこだわりは脈々と受け継がれ、鰻のおいしさをどれだけ伝えられるかに情熱を燃やしている。

引用:https://hitosara.com/0006076860/person.html

緒方弘のこだわりの鰻の焼き方

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

cihka(@tanoootooo)がシェアした投稿

【鰻の調達】

”鰻の神様”と言われている緒方弘さんは、鰻選びからこだわりがあります。

天然鰻には限りがありますが、5月〜11月の間に有明海で採れた天然鰻を使用しています。

また養殖鰻を使用する場合は、全国各地の天然により近い養殖鰻を手に入れるため、直接養殖業者の生産元まで出向き、天然により近い鰻を調達しているのだそうです。

 

【こだわりの焼き】

緒方さんの鰻の焼き方は田舎庵独自の「こなし」という焼き方で、鰻が焼かれています。

緒方さん曰く”鰻に火を喰わせる”と表現しており、これでもかと串打ちした鰻に何度も折り曲げる。

そして途中で鰻に水をかけ、更に鰻を折り曲げながら亀裂を入れ焼き上げていく。

こうすることで、2層になっている鰻の皮の下にあるゼラチンを溶かし出し、焼き切ることができるみたいです。

ゼラチンが焼き切れた鰻はグニャとした食感はなく、身はふっくらとし皮はパリッと仕上がります。

この独自の焼き方にたどり着くまでに30年もかかっています。

緒方さん曰く、「調理は科学」

美味しい鰻を焼き上げるために、日々研究を重ねており、まだまだ鍛錬の途中だそうですよ。

スポンサーリンク

田舎庵の店舗場所

こだわりの鰻を食べることができる「田舎庵」の店舗場所をご紹介します。

店舗名田舎庵(いなかあん)小倉本店
住所福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-1-13
電話番号093-551-0851
営業時間11:00~20:30(20:00L.O)
【1/14(木)-2/7(日)の間】
11:00~20:00(L.O 19:30 / 酒類は19:00L.O)
定休日無休

まとめ

今回は緒方弘(鰻の神様)のwiki経歴!こだわりの焼き方や田舎庵の店舗場所と題しまして、皆さんにお伝えしてきました。

【今回の記事でわかったこと】
・緒方弘のwiki風プロフィール
・緒方弘のこだわりの鰻の焼き方
・田舎庵の店舗場所

ということでした。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました