田辺晋太郎のヤマサ契約解除はありえる?小山田圭吾擁護ツイート(投稿・削除)で大炎上!

 

こんにちはmasatoです。

7月19日(月)に東京五輪オリンピック・パラリンピックで開会式の楽曲を担当していた小山田圭吾氏が、学生時代に同級生や障害者に行っていた陰湿ないじめ問題が取り沙汰され、辞任を発表しました。

小山田氏の辞任に対して、世間からは”当然”の声が多く挙がっていましたが、実は小山田氏のいとこである、作曲家の田辺晋太郎氏が小山田氏辞任発表直後に行ったツイート内容に、波紋が広がっています。

問題のツイートがこちら↓

どうやら小山田氏の辞任発表に納得していないようですね。

いじめ問題について、軽視しているとしか思えないような投稿内容で驚きです。

今回は田辺晋太郎のヤマサ契約解除はありえる?小山田圭吾擁護ツイート(投稿・削除)で大炎上!題しまして、記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

田辺晋太郎プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田辺 晋太郎(@meat_meister_tanabe_shintaro)がシェアした投稿

名前田辺晋太郎(たなべ・しんたろう)
生年月日1978年11月5日
年齢43歳
学歴成城大学文芸学部文化史学科卒業
職業作曲家、音楽プロデューサー、MC
木村由紀子(フリーキャスター)
両親父 田辺靖雄(歌手)、母 九重佑三子(歌手)

AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友に楽曲提供しオリコン週間チャートで一位を獲得するなど音楽家であり、ニッポン放送「オールナイトニッポンGOLD」を担当するなどMC、ラジオパーソナリティが本業ながら、実践に基づく深い見識で肉の生産背景からベストな食べ方まで流暢に話すホスピタリティあふれる語り口から「肉マイスター」と呼ばれる。

TBS系列「マツコの知らない世界」「櫻井・有吉THE夜会」「林先生の初耳学」をはじめテレビ・ラジオの出演にとどまらず飲食店コンサルやメニュー開発、専門書や雑誌の監修を務め、著書「焼肉の教科書」(宝島社)はシリーズ累計35万部を超える。2014年10月 一般社団法人「食のコンシェルジュ協会」を立ち上げ初代代表理事に就任し焼肉コンシェルジュ検定を実施。

引用:https://bunshun.jp/list/author/603726157765610b6c000000

田辺晋太郎が小山田圭吾擁護ツイート(投稿・削除)で大炎上!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田辺 晋太郎(@meat_meister_tanabe_shintaro)がシェアした投稿

冒頭でもお伝えしましたが、小山田圭吾氏の辞任発表に対して小山田氏を養護するツイートを投稿し問題になっている田辺晋太郎氏ですが、一体なぜこのようなツイートをしたのでしょうか?

身内が取り沙汰され辞任せざる負えない状況になり、居ても立っても居られなかったのでしょうか?

身内を守りたい気持ちわかりますが、小山田氏の辞任に対するツイートはするべきではなかったですね。

田辺氏の問題のツイートは現在は削除され、削除後に即謝罪をされていますが、現在はツイッターのアカウトが停止状態で閲覧すらできなくなっています。

おそらく思った以上に炎上してたため、収集がつかなくなる前に処置をしたのかもしれませんが、時既に遅しだったようです。

SNS上では田辺氏のツイート内容が拡散され、未だに騒ぎが収まっていない事態まで発展しています。

また、このツイートが原因で醤油やお酢、お鍋のつゆでも有名なヤマサにも思わぬ飛び火で抗議が殺到しているみたいです。

スポンサーリンク

田辺晋太郎のヤマサ契約解除はありえる?

小山田圭吾氏の辞任発表を受け、小山田氏のいとこにあたる田辺晋太郎氏が不適切なツイートを投稿してしまいました。

問題のツイートが原因で、田辺氏とのコラボ商品を販売しているヤマサにも大きな影響が出てくるかもしれません。

肉マイスターである田辺晋太郎氏は、ヤマサの”肉鍋つゆ”シリーズの製品開発も行っています。

ヤマサのホームページにも田辺氏が”肉鍋つゆ”をおすすめしている様子が掲載されています。

田辺晋太郎氏のツイッタープロフにもヤマサの肉鍋つゆシリーズの製品開発を行っていると書かれていましたが、問題ツイートの後に、プロフから削除されていました。

今回のツイート内容を受け、田辺晋太郎氏を起用しているヤマサ側にも抗議が殺到する可能性は高いかもしれません。

ヤマサさんには何の罪もないので、事態の収集に追われて大変だと思うとお気の毒にしか思えません。

SNS上でもヤマサを養護するツイートが多かったのが事実です。

田辺氏にはご自分の発言にもっと責任を持っていただきたかったですね。

まとめ

今回は田辺晋太郎のヤマサ契約解除はありえる?小山田圭吾擁護ツイート(投稿・削除)で大炎上!と題しまして、みなさんにお伝えしてきました。

田辺氏のツイートにより、ヤマサも思わぬ飛び火でしばらく混乱が続くとは思います。

やはり影響力のある人間は個人の発言には責任を持ってもらいたいですね。

自分だけではなく、周りにまで大きな影響が出るということを再度自覚してほしいものです。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました