梅澤愛優香のラーメン店中傷の犯人は誰?はんつ遠藤にしらす斉藤光輝と青木誠が有力か?

ニュース

こんにちはmasatoです。

人気ラーメン店を経営する元AKBの梅澤愛優香(うめざわ・まゆか)さんが発信した『ラーメン評論家の入店お断りします』というツイートが話題となっています。

このようなツイートを発信するに至った原因は、梅澤愛優香さんのお店に対するラーメン評論家たちの『中傷や嫌がらせ』でした。

ちなみに今回の件に関わっている、ラーメン評論家さんは数名いらっしゃるみたいですが、そのうち1人ははんつ遠藤さんということが判明しました。

本人が自身のブログで声明を発表しています。

【今回の記事の内容】
・梅澤愛優香のラーメン店中傷の犯人は誰?はんつ遠藤にしらす斉藤光輝と青木誠が有力か?
スポンサーリンク

梅澤愛優香のラーメン店に行われた中傷や嫌がらせ

梅澤愛優香さんがラーメン評論家に対して、自身が営むラーメン店への入店拒否を公表しました。

しかしなぜこれほどまでにラーメン評論家を毛嫌いするのでしょうか?

その理由は・・・

・Hより受けたセクハラと中傷
・Sより受けた皮肉と屈辱
・Aによるラーメン店との癒着

以上のラーメン評論家さんたちが原因だと言われています。

しかもラーメン評論家SとAは権威あるラーメン雑誌の評論家です。

セクハラに中傷、皮肉、癒着とはなかなかディープな内容ですよね・・・。

しかも1人からではなく数名からとなると、評論家嫌いになるのも無理ないかもしれません。

ラーメン評論家H

ちなみにラーメン評論家Hは『はんつ遠藤』さんということが判明しています。

梅澤愛優香さんに言い分に対して、はんつ遠藤さんがHは自分だと名乗り出ています。

H氏こと、はんつ遠藤氏からは28日未明、自身のブログを更新したと連絡があった。ブログ内では、「(匿名報道されていた評論家は)それ、僕です!」と自ら名乗り出ている。

写真撮影について、私的なFB投稿のために撮影したが、結局投稿せず写真は削除したと説明。「ヤバい」とFBに投稿した件については、知り合いのラーメン店経由で、梅澤さんと店舗の内装業者がトラブルになっていること聞いたから、などと釈明した。
引用:キャリコネニュース

梅澤愛優香さんとはんつ遠藤さんのラーメン店での経緯はこちら↓

スポンサーリンク

ラーメン評論家S

次に梅澤愛優香さんとラーメン評論家Sの間で起こったトラブルですが、梅澤さんは自身のTwitterに「Sより受けた皮肉と屈辱」と投稿しています。

皮肉と屈辱って言葉だけ聞くとなかなか嫌な響きですよね。

具体的にはどのような内容だったのでしょうか?

ことの発端2021年4月にS氏が投稿したTwitterの投稿内容でした。

『中華蕎麦 沙羅善』とは梅澤愛優香さんが経営しているラーメン店です。

このラーメン店に対して、評論家Sは上記のような内容をツイートしたため、梅澤さんが反論する自体になりました。

評論家Sさんが上記のようなツイートを投稿するきっかけになった原因は・・・

評論家Sが沙羅善に訪れた際に2月21日の15時に予約をして来店した際に、時間を過ぎて店内に案内された上にすでに別のお客さんが着席していたとのこと。

この内容だけを見ると自分が来店した際に別のお客さんがいること自体問題ないように思えますよね。

しかし『中華蕎麦 沙羅善』は完全予約制の総入替え制というシステムになっているので、ネットで訪問時間を予約して、決められた時間までに完食するというシステムです。

なので決められた時間に集合すれば、皆同じタイミングでお店に入るはずです。

しかし評論家Sさんは予約時間を過ぎて店内に通された上に、別の客がすでに店内に居たことに違和感を覚えこのようなツイートを投稿したみたいです。

このツイートに対して、梅澤さんは反論されています・・・

「正直とても驚きました。沙羅善では、2杯以上食べたい方が2枠以上連続で予約された場合、一度退店頂くこともなくそのまま着席してもらっています。それだけの話なのです。これまでS氏以外、この点にクレームや指摘を入れた方は今まで一人もいません。このことで『味以前』と評価されるのはどうしても納得がいかなかったので、スタッフに頼んでDMに返信してもらいました」
引用:キャリコネニュース

『中華蕎麦 沙羅善』はラーメンを2杯以上食べたい方は予約枠を2枠取る必要があり、評論家Sさんが来店した日は、2枠以上取られているお客さんがすでに居たということですね。

その後、梅澤さんと評論家Sさんはこのツイートに対してやり取りを続けられていましたが、誠意のある謝罪をなかなかしてもらえなかった上に、ツイートも削除されるまでに2ヶ月位かかったみたいです。

ラーメン評論家A

権威あるラーメンランキング雑誌の審査員をしている評論家Aさんは、梅澤さんのラーメン店に一緒に来店したラーメン店主Uさんに支払いをさせていたそうです。

ちなみにこのラーメン店の店主は毎回のようにランキング入りしているとのこと。

この光景を見た梅澤さんは、審査される側に平然と支払いをさせる審査員がいることに『癒着』とも思える大きな不信感を抱いたそうです。

まあたしかに審査員と審査される側の人間が一緒に食事をして、お代は審査される側が払っているとそう取られても仕方ないような気はしますね。

審査員と店主の関係がどのような関係かは分かりませんが、世間一般から見るとそう見えてしまうのも事実です。

スポンサーリンク

ラーメン評論家Sはしらす斉藤光輝でAは青木誠?

ラーメン評論家SとAって一体誰なのか気になりますよね。

評論家Hは本人がブログで声明を発表したことで『はんつ遠藤』さんで確定しましたが、ブログの内容が『言い訳にもなっていない』と更に炎上しちゃってます・・・。

そしてラーメン評論家SもAもネット上では特定されてきているみたいです。

まずラーメン評論家Sは『しらす・斉藤光輝』さんが有力ではないかと言われています。

しらす・斉藤光輝

その理由は『中華蕎麦 沙羅善』に対して、問題のツイートした内容のモザイク無しの画像を見つけました。

これは確定ですね。

『中華蕎麦 沙羅善』に対して、問題のツイートをしたのは『しらす・斉藤光輝』さんで間違いないようですね。

次に、ラーメン評論家Aですが、ネット上では『青木誠』さんという声が圧倒的に多かったです。

青木誠

理由は青木誠さんが、TRY(ラーメンオブ・ザ・イヤー)審査員という肩書があるのと、梅澤愛優香さんが公表した評論家Aというイニシャルが一致しているという理由です。

たしかにイニシャルAと権威あるラーメンランキングの審査員という部分は一致していますよね。

ただこれだけでは、評論家Aが青木誠さんというにはあまりにも情報が少なすぎるので、信憑性は低いかもしれません。

また、ラーメン店主に飲食代を支払わせていたということに違和感を覚えたとありましたよね。

これぐらいのことなら審査員と店主の間では、意気投合して一緒に食事して『今回は僕払いますね』ぐらいのノリではないかなとも個人的には思ってしまいます。

癒着が事実かどうかは不明ですが、上記のお二人は『はんつ遠藤』さんに比べるとあまり大きな騒ぎにはならないかもしれませんね。

まとめ

今回は梅澤愛優香のラーメン店中傷の犯人は誰?はんつ遠藤にしらす斉藤光輝と青木誠が有力か?と題して皆さんにお伝えしてきました。

【今回の記事の内容】
・梅澤愛優香のラーメン店中傷の犯人は?
・中傷犯人ははんつ遠藤にしらす斉藤光輝と青木誠が有力か?

という内容でした。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました