角田裕毅(F1)が炎上発言で謝罪!性格は悪いの?評価(評判)を調査

引用元:https://formula1-data.com/race/yuki-tsunoda

 

2021年F1スペインGPの土曜予選でF1ドライバーでアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(つのだ・ゆうき)選手が16番手となり敗退しました。

これについて角田裕毅選手がマシンへの不満を発言したことにより、ネットやSNSで大炎上してしまいましたね。

すぐに自身の発言について謝罪をされていますが、ネット上ではいろいろな意見が飛び交い賛否両論となっていますね。

今回は角田裕毅選手の炎上発言や謝罪内容、性格や評判(評価)などを調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

角田裕毅の炎上発言

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuki Tsunoda/角田裕毅(@yukitsunoda0511)がシェアした投稿

冒頭でもお話しましたが、F1デビューしたばかりの期待のルーキー角田裕毅選手が5月8日に開催されたF1スペインGPで予選ではQ1では16番手となり敗退してしまいました。

予選敗退後に角田裕毅選手は自身が乗っていたマシンへの不満を隠さずにコメントしました。

【Q1予選敗退後の角田裕毅選手のコメント】

角田選手は予選直後に無線で「このマシン信じられない」と不満をあらわにするコメントをし、同僚であるピエール・ガスリーのマシンと違いすぎるのではというようなマシンへの不満をあらわにするコメントをしました。

「同じマシンなのか少し疑問に感じる。もちろん同じだけど、マシンの特徴が違いすぎる。何故こんなに苦戦しているのか、自分でも分からない」

この発言に対して、数時間後には自身のTwitterで謝罪をされていますが、ネット上やSNSではたちまち話題となっています。

【角田裕毅選手のTwitterでの謝罪】

【角田裕毅選手の発言に対してのネット上での反応】

これは一番言ってはダメなやつ。言っても良いのは結果を出している人間だけ。

1stドライバー寄りのセッティングになるのは当然だし、それでも結果残して這い上がるのがモータースポーツなのは彼が一番知ってるはずなのに

彼のF1人生を自ら終わらせるほどの行為。信頼を取り返すには、結果しかない。

 

後の祭り。
一回でも言ってしまったら表面上許してくれても、相手も表面上言ってるって思われる。
チャンピオンクラスでもこういう発言が元で、チームに嫌われるなんてこともあるし、まして数戦しか走ってなくて結果の出てないルーキーがこれをやったら、簡単に終わる。

 

言動には注意しないと、小さな亀裂でも報道されると大きなことになります。
マシンのセッティングに関しては、ガスリー中心になることは当たり前のことです。
自分の思い通りにならないからといって、焦ってはいけません。
まだまだ新人なんですよ。

 

これはダメだわね…。1stドライバー優先は当たり前だし、F1ドライバーはチームサポートあってなのに。思いあがっちゃったわね…。さて、この先どうなるか。久しぶりの日本人ドライバーで、久しぶりなや鈴鹿見に行こうかと思ってたが、やめようかな。

結構厳しい意見が多いですね。

調査してみると角田裕毅選手は、小林可夢偉選手以来7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてデビューしただけに期待が大きく、この発言に対して落胆を隠せないファンの方々のコメントが多いように感じました。

角田裕毅の性格は悪い?

引用元:https://f1-gate.com/yuki-tsunoda/f1_61257.html

 

今回のマシンに対する不満発言をしたことにより、角田裕毅選手の性格が話題になっています。

角田裕毅選手とは一体どんな性格なのでしょうか?

実はF1で有名なチームラジオ(レース中のF1ドライバーとチームの無線)の最中での角田裕毅選手の「無線で罵声」というキーワードが話題になっていました。

無線で罵声というのは第2戦F1エミリア・ロマーニャGPのFP3でレッドブルの先輩ドライバーセルジオ・ペレスが角田裕毅選手の邪魔をした際にFから始まる放送禁止用語を連発したという状況でした。

この角田裕毅選手の罵声の様子が国際映像で流されたため、海外メディアからも苦言を呈されたりしてしまいました。

こういった様子を伺うと、角田裕毅選手は性格悪いのな?とも思えてしまいますが、F1ドライバーは極限状態でレースをしているので、一つのミスが命取りになってしまうことが多々あります。

また実力が物を言う非常に厳しい世界なだけに、成績が乏わなければすぐに干されてしまいます。

そんな世界で生き残っていくためには感情を表に出さないと生き残れないのではないでしょうか?

全ての発言を肯定するわけではないですが、激しく前に向いて走っていかないとすぐに放り出されてしまう厳しい世界なのです。

若干20歳でそんな厳しい世界で戦っている角田裕毅選手の性格は、負けず嫌いで自分に厳しく超ストイックな性格ではないでしょうか?

スポンサーリンク

角田裕毅の評判(評価)

引用元:https://jp.motorsport.com/f1/news/f1-2021-rd3portgal-gp-race-tsunoda-lack-pace-why/6501711/

 

今回の発言でネット上で炎上騒ぎになってしまった角田裕毅選手ですが、評判(評価)はどうなのでしょうか?

実は角田裕毅選手は海外レース関係者の中でも非常に評価が高いのです。

【角田裕毅選手の評価の高さがわかる記事】

F1の20歳角田裕毅、評価上げた“デビュー戦の3枚”に海外興奮「途方もない才能だ!」
自動車のF1シリーズ開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)は28日、同地で決勝が行われ、アルファタウリ・ホンダの20歳・角田裕毅が9位入賞を果たした。日本人初のデビュー戦入賞を果たした後、インスタグラムを更新。レース中などの画像3枚を公開すると、海外ファンから「途方もない才能だ!」「怖いもの知らずのユウキ」と注目が集ま...
角田裕毅は”ここ数年で最高のルーキー”。F1重鎮ロス・ブラウンが高評価「鈴鹿が楽しみ」
F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、デビュー戦で印象的な走りを見せた角田裕毅を称賛。「ここ数年のF1で最高のルーキー」だと評価した。
角田裕毅を高く評価するレッドブル・ホンダは新星ジョージ・ラッセルを狙っていない | F1ニュース速報/解説【Formula1-Data】
最新F1情報とニュースを速報。ホンダF1やレッドブルの最新情報はもちろん、カレンダーやレース結果、ポイントランキングやルール、まとめ記事の他、ドライバーやチーム情報等、FIA F1世界選手権に関するあらゆる情報を収録し徹底的解説。日本随一のF1用語集も必見。

やはり小林可夢偉選手以来7年ぶりの日本人F1ドライバーなだけあり、評価はかなり高いですね!

今回の発言騒動は少し残念でしたが、まだ角田裕毅選手はまだ若干20歳なのでこれからの在り方次第で今回ついてしまった悪いイメージを払拭することは可能だと思います。

今後の角田裕毅選手の活躍に期待していきましょう!

角田裕毅まとめ

今回はF1期待のルーキー角田裕毅選手について調査してみました。

・角田裕毅選手の性格は悪い→問題発言が多いが、負けず嫌いで超ストイック
・角田裕毅選手の評判(評価)→7年ぶりの日本人F1ドライバーで海外でも評価が高い

ということでした。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました