RIEHATA(リエハタ・ダンサー)のwikiプロフ!経歴や結婚(旦那・子供)に年齢は?【情熱大陸】

引用:https://www.mbs.jp/jounetsu/

 

こんにちはmasatoです。

7月4日(日)夜11時25分から放送の「情熱大陸」にプロダンサーのRIEHATA(リエハタ)さんが出演されます。

RIEHATAさんといえばダンサーでもあり、振付師としても活躍されています。

世界中の人気アーティストからダンスや振付の依頼が後を立たず、なんとその中にはBTSやTWICEにクリス・ブラウンやレディーガガなど超有名アーティストもいるというから驚きです。

今回はそんなプロダンサーのRIEHATAさんのwiki風プロフィールや経歴に結婚(旦那・子供)に年齢を調査して生きたと思います。

RIEHATAのプロフィール【経歴・年齢】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

名前RIEHATA(リエハタ)
生年月日1990年8月9日
年齢30歳
血液型B型
出身新潟県
職業ダンサー、振付師

【経歴】

RIEHATAさんは小学5年生からダンススタジオに通い始めました。

神奈川県内にある中学校を卒業後はダンスを学ぶために単身でロサンゼルスに渡ります。

ロサンゼルスで人気ダンサーのLyle Benigaでのレッスンで彼女が踊る姿をYouTubeでアップされたことがきっかけとなり、世界中から一気に注目を浴びることになりました。

2009年にはアメブロをスタートし、自身のファッションスナップや私生活の写真をアップしたところ日本人のファンが急増し話題となります。

また2010年には日本に来日したレディーガガのミュージックステーションパフォーマンスのバックダンサーとして日本人初で合格。

ミュージックステーションに出演した際は圧巻のパフォーマンスを魅せつけ、話題となりました。

2012年の22歳の時に長男である第一子を出産。

その後膝の前十字靭帯断裂という大ケガを負い、一時ダンスを諦めかけたが、休養中に第二子である男の子を出産。

その後手術・リハビリを通して逆境をはねのけ2年後の2014年に完全復活を果たします。

復活を果たしたRIEHATAさんの勢いは止まらず、AIのバックダンサーを務めたり、クリス・ブラウンのライブツアーにサプライズゲストとして登場しダンスを披露。

またクリス・ブラウンのミュージック・ビデオにも出演を果たします。

RIEHATAさんへのダンスや振付のオファーはとどまることを知らず、K-POPを中心にBTS,TWICE,NCT, RedVelvet、EXOや国内からはEXILE、三代目JSB、AI、倖田來未などからラブコールが殺到しています。

クリス・ブラウン、RIEHATAさん本人出演のミュージック・ビデオ↓

RIEHATAの結婚【旦那・子供】

【旦那】

RIEHATAさんはお子さんが2人いますよね。

ということは結婚されているのでしょうか?

気になったので調査してみたところRIEHATAさんは結婚されていました。

お相手はダンサーのDeeさんです。

インスタグラムにも旦那さんのdeeさんの写真をアップされていました↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

仲の良い夫婦だな〜と思って調査しているとなんと現在2人は離婚されているという情報がありました。

お2人の離婚に関する詳しい情報は公表されていませんでしたが、離婚に関するツイートがあったので間違いないかもしれません。

【子供】

RIEHATAさんは2012年に男の子を出産しています。

その後も男の子を出産しているので、お子さんは男の子が2人ですね。

長男が9歳で次男が8歳か7歳くらいでしょうか?

2人共インスタグラムに登場していますが、お母さんと一緒で楽しそうな様子の写真がアップされています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

QUEEN OF SWAG🦋(@riehata)がシェアした投稿

写真からも仲睦まじい様子が伝わってくるので、きっと仲良し親子なんでしょうね!

RIEHATAまとめ

今回はプロダンサーのRIEHATAさんについて調査してみました。

・RIEHATAの経歴→単身ロサンゼルでダンスを学び、世界中のトップアーティストからオファーが殺到
・RIEHATAの年齢→30歳
・RIEHATAの結婚→ダンサーDeeと結婚していたが、現在は離婚

ということでした。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました