「がーまるちょば」の解散理由やケッチ脱退の真相に現在の活動が気になる!

スポンサーリンク
芸人
出典:https://www.ru.emb-japan.go.jp/japan2018/jp/event/mo7057-nsb-jp.html

こんにちはmasatoです。

この記事では、パントマイムで有名な「がーまるちょば」にスポットを当てていきます。

がーまるちょばと言えば、2021年東京五輪開会式で、オリンピック競技50種目のピクトグラムパフォーマンスが話題になりましたよね。

話題になった東京五輪開会式での人間ピクトグラムの中の人は、がーまるちょばのHIRO-PONさんでした。

がーまるちょばは東京五輪のピクトグラムパフォーマンスがきっかけで世界中から注目を集め、バラエティ番組にも引っ張りだこだそうですよ。

今回はそんな「がーまるちょば」について記事を書いていきたいと思います。

【今回の記事の内容】
・「がーまるちょば」の解散理由やケッチ脱退の真相に現在の活動が気になる!
スポンサーリンク

「がーまるちょば」の経歴

出典:https://www.ru.emb-japan.go.jp/japan2018/jp/event/mo7057-nsb-jp.html

「がーまるちょば」といえば、HIRO-PON(ヒロポン)さんの他に、ケッチ!さんというメンバーがいました。

「がーまるちょば」が誕生したのは、今から21年前の1999年です。

別々に活動していたヒロポンさんとケッチさんによって結成された「がーまるちょば」は、パントマイムを主体とした芸をするデュオユニットで、主に海外を拠点に活動していました。

ヒロポンさんとケッチさんは、言葉や文化を超えたパフォーマンスで国際的に活動し世界中から評価が高く多く35カ国以上のフェスティバルなどから招待を受けてきたそうです。

2004年エディンバラ・フェスティバル・フリンジ ダブルアクトアワード受賞。
2005年エディンバラ・フェスティバル・フリンジ タップウォーターアワード受賞。
2006年ブライトン・フェスティバル・フリンジ ベストインターナショナルアクトアワード受賞。
2007年ブライトン・フェスティバル・フリンジ アーガスエンジェルアワードを受賞。

がーまるちょばの解散理由

世界中から注目を集め、数々の賞を受賞した「が〜まるちょば」ですが、結成から20年後の2019年3月末をもって、ケッチ!さんが脱退してしまいます。

ネット上では「がーまるちょば 解散」などと多く検索されていましたが、「解散」ではなくケッチ!さんの「脱退」で「がーまるちょば」自体は、ヒロポンさんが1人で活動を続けられています。

ケッチさんの脱退理由については、ヒロポンさんとケッチ!さんの「不仲説」なども噂になっているみたいですが、実際のところは不仲などではなく、お互いの方向性の違いだったそうです。

ケッチ!さんは脱退理由について以下のように語っています↓

「パントマイム以外にやってみたいことがいくつかありまして、4月からヨーロッパ移住を決めました。子供のように好奇心旺盛に、いろんなことを吸収しつつ、感じるままに動こうと思っています。今後、パフォーマンスを続けていくのか、帰国がいつになるのかさえ、今は未定です。情報発信としてツイッターは続けるつもりですので、ご興味あればのぞいてみてください。これまで支えてくれたみなさん、心から感謝いたします。本当に本当にありがとうございました」
引用:毎日新聞

ケッチ!さんが辞めたいとヒロポンさんに打ち明けた時に、「ケッチ!が辞めると言うならば、それを受け入れるのが自然な流れだった」と語っています。

ヒロポンさんは辞めたいと言うケッチさんを無理に引き止めずに、ケッチさんの今後の人生の事も考え、気持ちよく送り出し、「がーまるちょば」を1人で続けていくことを決意されたのでしょうね。

結成して20年間ずっと一緒にやってきた仲間にしかわからない絆が、そうさせたのでしょう。

スポンサーリンク

「がーまるちょば」ヒロポンの現在

2019年3月末にケッチ!さんが脱退し、その後の「がーまるちょば」はヒロポンさん1人で活動されています。

舞台やテレビなどにも出演し、活動の場を広げていたヒロポンさんですが、2021年には東京五輪開会式でピクトグラムパフォーマンスの創作・演出を任されピクトグラムの中の人として世界中から注目を集めます。

2022年1月30日には「情熱大陸」にも出演を果たし、現在のケッチさんの様子や活動内容が放送され、話題となりました。

ヒロポンさんの今後の活動にはさらに注目が集まりそうですよね。

「がーまるちょば」ケッチ現在の活動

2019年3月に「がーまるちょば」を脱退したケッチ!さん。

ケッチ!さんの脱退理由は一言でいうと「パントマイム以外にもやりたいことがみつかったから」

解散後は、「がーまるちょば」結成前から興味があった即興演技や英語をもう一度やりたいと思い、しばらくヨーロッパで移住をしていたケッチ!さん。

欧州各地で活動をしていましたが、コロナの影響で自粛を余儀なくされ、現在は日本に帰国。

奥様の実家がある長崎県雲仙市に住みながら新たな人材育成に力を注いでいるそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ketch/ケッチ (元が〜まるちょば )(@ketchcomedy)がシェアした投稿

スポンサーリンク

まとめ

今回は「がーまるちょば」の解散理由やケッチ脱退の真相に現在の活動が気になる!と題して皆さんにお伝えしてきました。

【今回の記事の内容】
・「がーまるちょば」の解散理由
・「がーまるちょば」ケッチ脱退の真相
・「がーまるちょば」ケッチ現在の活動

という内容でした。

今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸人
スポンサーリンク
masatoをフォローする
TREND Lab.

コメント

タイトルとURLをコピーしました