【山上徹也容疑者】宗教団体(統一教会)に恨みとは?犯行動機も徹底調査!

スポンサーリンク
ニュース
出典:文春オンライン

こんにちはmasatoです。

安倍晋三元首相が2022年7月8日の午前11時半頃に、奈良市で街頭演説中のところ、山上徹也容疑者に銃撃され倒れ、病院に緊急搬送されましたが死亡が確認されました。

日本の総理大臣の中では、歴代在任最長とも言われていた安倍晋三元首相の突然の訃報に世間では、衝撃が走っています。

安倍元首相の訃報から2日経ち、山上徹也容疑者の犯行動機については「特定の宗教団体に恨みがある」と供述していることが報道されていますね。

その特定の宗教団体とは「統一教会」だと一部では報じられており、山上容疑者は「統一教会への恨み」で関係が深いとされる安倍元首相を狙ったという旨の供述もしているようです。

今回は山上徹也容疑者の「統一教会への恨み」や安倍元首相を銃撃した犯行動機などについて記事を書いていきたいと思います。

【今回の記事の内容】
・【山上徹也容疑者】宗教団体(統一教会)に恨みとは?犯行動機も徹底調査!
スポンサーリンク

【衝撃】安倍晋三元首相が山上容疑者の銃撃で死亡

2022年7月8日の午前11時半頃、奈良県の大和西大寺駅付近の演説会場で演説をしていた安倍晋三元首相が山上徹也容疑者の銃撃によって殺害されました。

安倍晋三元首相は、演説中に背後から近づいてきた山上徹也容疑者に銃のようなもので、2発の銃撃音のあとに血を流して倒れます。

その後救急車で運ばれ、奈良県立医科大学附属病院までDr.ヘリで緊急搬送され手術が行われていましたが、医師たちの懸命の治療も虚しく安倍元首相は、出血多量が原因で亡くなってしまいました。

安倍晋三元首相を襲撃した山上徹也容疑者は、現場でSPたちに取り押さえられ、その場で現行犯逮捕されています。

SNS上では、山上徹也容疑者の逮捕時の写真や安倍晋三元首相の演説動画などが拡散され、日本中が大騒ぎとなっています

スポンサーリンク

【山上徹也容疑者】宗教団体(統一教会)に恨みがあった

出典:Twitter

山上容疑者は安倍元首相を銃撃し逮捕された後に、「特定の宗教団体に恨みがあった」と供述していることが報じられています。

その特定の宗教団体とは宗教団体「統一教会」(現:世界平和統一家庭連合)だと一部では報道されています。

しかし山上容疑者は、何故「統一教会」に対して恨みがあったのでしょうか?

その理由は、山上容疑者の母親が深く関わっていました。

山上容疑者の母親が所属する団体は「統一教会」

出典:SmartFLASH

山上容疑者の母親は「統一教会」の信者だと言うことが、一部で報じられています。

山上容疑者に誘われて食事をしたことがあるという男性は、山上容疑者が「自分の家族が統一教会に関わっていて、霊感商法トラブルでバラバラになってしまった。統一教会がなければ、今も家族といたと思う」と語っていたと、本誌取材に証言。
実際、統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の広報は、山上容疑者の母であるA子さんが、同会の信者であることも認めている。
引用:SmartFLASH

山上容疑者の母親は、早くに夫を亡くしており、その後会社経営をする父(祖父)の住む一軒家に子どもたちを連れて移り住みましたが、程なくして祖父まで亡くなってしまいます。

祖父の会社を継いだ母親は、周囲に「宗教団体に入りたい」と相談するようになり、各メディアで報じられている「特定の宗教団体」(統一教会)に入信しました。

その後、山上容疑者自身も母親の影響で統一教会に入信しましたが、途中で脱会しています。

スポンサーリンク

山上容疑者の母親は宗教団体に寄付しすぎて破産

出典:日テレNEWS

夫が急死し、祖父まで亡くした山上容疑者の母親は、女手一つで子どもたちを育てないといけなくなります。

祖父の会社も引き継ぎましたが、寂しさを紛らわすためか宗教団体にのめり込み、多額の寄付を行ったことが原因で会社経営は悪化し、2002年に自己破産をしてしまいました。

「山上容疑者は厳しい家庭環境で育ったようです。親族によると、もともと父は名門大学の工学部を卒業後、自分で建築会社を経営する裕福な家庭でした。しかし山上容疑者が5歳の頃に急死。そこから一家の暗転が始まります。悲しみを和らげるためか、母はある宗教団体にのめり込み、お金の使い込みが激しくなっていったのです。山上容疑者の祖父の死後、母は祖父が経営していた会社を引き継ぎましたが、その金も宗教団体に使い込んでいきました」
引用:文春オンライン

さらに、山上容疑者には歳の近い兄がいましたが、大病を患い自殺をしています。

「兄は大病を患い、長年治療に苦しんでいました。ですが、母親は宗教団体への献金や行事参加にのめり込み、一家は借金苦に喘いでいた。その結果、疲れ果てて、ついに兄は自殺に追い込まれてしまったのです。山上容疑者には相当ショックだったと思います。山上容疑者自身もこうした生活に相当苦しんでいたようで、海上自衛隊時代には自殺未遂の過去があるようです」
引用:文春オンライン

2002年頃と言えば、山上容疑者が海上自衛隊に入隊した頃と被るので、一部で報じられている大学を中退して海上自衛隊に入隊というのは、家族の生活を支えるために入隊したのかもしれません。

祖父と父を亡くして経済的に苦しむことになった家族は、さらに母親の自己破産が追い打ちをかけ関係が悪化します。

山上容疑者は、当時の様子をとある男性に・・・

『自分の家族が統一教会に関わっていて、霊感商法トラブルでバラバラになってしまった。統一教会がなければ、今も家族といたと思う』

と語っていることから母が所属していた宗教団体に相当な恨みを抱いていた可能性が高いかもしれません。

※上記内容は、全てネット上の情報を元に記事を書いているため、書かれてあることが全て事実とは限りませんのでご注意ください

【山上容疑者】旧統一教会が会見!

2022年7月12日に都内で世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)が会見を行いました。

山上容疑者の犯行動機の供述の中で出てきていた「特定の宗教団体」は、一部のメディアやネット上では「統一教会」と噂されていましたが「特定の宗教団体=統一教会」で間違いなかったようです。

会見を行ったのは旧統一教会日本協会の田中富広会長は、記者会見で・・・

「山上容疑者の母親が教会員であり、これまでも月に一回程度の頻度で、教会の行事に参加してきた」

と明らかにしています。

田中会長の会見内容をまとめてみると・・・

①山上徹也容疑者は旧統一教会の信者ではない
②山上徹也容疑者の母親は旧統一教会の教会員、月に一回程度の頻度で、教会の行事に参加している
③山上徹也容疑者の犯行動機や献金問題については、警察の捜査中のため現時点で言及できない
※警察からの要求があれば、全面的に協力する

母親は1998年頃から、統一教会の正会員として活動されていました。

また、田中会長は、山上容疑者の母親が破産したことは知っているが、高額献金を要求した記録は一切残っていないと説明。

しかし「それが動機だと捜査の結果、至ったとしたら重く受け止めないといけない」とも言われています。

この会見を見たネット上の反応をまとめてみました↓

【山上容疑者】安倍元首相を殺害した犯行動機がヤバい

山上容疑者が安倍元首相を銃撃し殺害した犯行動機についてまとめていきます。

【山上容疑者が供述した安倍元首相を狙った犯行動機】
①母が統一教会に多額の寄付を行い自己破産し、家庭が崩壊した
②家庭をバラバラにした宗教団体(統一教会)との繋がりが濃いとされる安倍元首相を狙った
③政治的な意味合いで狙っていない

父、祖父が亡くなり、さらに母親が「統一教会」に入信し、多額の寄付を行ったことで自己破産し、幼い頃から厳しい生活環境で育ってきた山上容疑者。

その怒りの矛先は母親が所属していた「統一教会」に向けられ、その統一教会と関わりが深い安倍元首相を殺害することを計画したようです。

山上容疑者が安倍元首相を銃撃した理由は「政治的な意味合いで狙ったのではない」と本人が供述しているように、「宗教団体」への恨みが募った結果だと言えますが・・・。

だからと言って、安倍元首相を銃撃していい理由には全くならないと思います。

しかし、山上容疑者は安倍元首相を殺害するために、銃を自作したり、街頭演説を行う予定などをTwitterなどで確認し、遊説先を付け回していたことからかなり強い殺意を抱いていた」ことがわかります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「【山上徹也容疑者】宗教団体(統一教会)に恨みとは?犯行動機も徹底調査!」と題して皆さんにお伝えしてきました。

【今回の記事の内容】
・【山上徹也容疑者】宗教団体(統一教会)に恨みがあった
・【山上徹也容疑者】安倍元首相を殺害した犯行動機がヤバい
という内容でお伝えしました。
今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
masatoをフォローする
TREND Lab.

コメント

タイトルとURLをコピーしました